プロフィール

蒼

Author:蒼
16歳の娘と14歳の息子の子育てをしながらフルタイムで働いています。

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ☆

ごゆっくり♪

現在の閲覧者数:

ワーキングママの徒然☆
働きながら子育てして思ったこと、感じたこと、日常を徒然に・・♪*月別アーカイブでは古い順で記事が読めるようになっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめに
フルタイムで働き続けて気がつけば17年。
現在11歳の娘と9歳の息子、旦那に犬1匹の家族にかこまれて毎日ドタバタ過ごしています。
そんな日常の中で感じたこと、思うことを徒然に書いていけたらと思っています。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:ブログ開設 - ジャンル:ブログ

お仕事は?
元々高校生のころからお菓子作りが好きでした。
本を見ながらクッキーを作ったり・・彼氏はいなかったけど(笑)
トースターを火だるまにして怒られたり・・・
パンのつもりが軽石みたいなパンだったり☆
それを見ていた親が、「栄養士になったら?」と言ったのがきっかけでめでたく栄養士の学校に行くことになりました。
そこで出会った友達は一生ものの大切な友人になりました。

旦那と出会ったのもその友人からの紹介だったります(^。^)

栄養士と言っても活躍する場は幅広く、行政・企業・小学校・保育園・幼稚園・病院・福祉施設などなど・・たくさんあります。
そんな中私は担任の先生に「咲ちゃんは病院がむいてる」と言われて、病院に就職しました。
働いているうちに国が栄養士の上の管理栄養士という国家資格を重視しだして、私は必死に勉強して管理栄養士免許を取得しました。
この管理栄養士という資格がなければ、多分働き続けることはできなかったでしょう。

法律で、”病院は100床(ベッドの数)に一人の管理栄養士を1人常勤で置きなさい”と決まっているのです。だから、経営者は管理栄養士を置かないわけにはいきません。
そこはありがたかったのですが、子供が小さい時は大変でした。
法律で"常勤の”と言われている以上、パート不可なのです。つまり出産をして小さい子を抱えて働き続けようとしたとき、辞めるか、フルタイムで働き続けるか・・だったのです。
幸い、院内に看護師さん用の託児所が併設されていました。
けれどここは看護師さん用・・必死に事務長と交渉して私でも利用できるようになりました。

それでも
「あんたの代わりは他にいくらでも居る」
「無理して働かんでもいいんじゃない?」
「3歳までは一緒にいた方が・・」←出た!3歳児神話☆このセリフは学資保険を申し込みに行った郵便局員に言われました(余計なお世話じゃ)
など言われましたね~

仕事も管理栄養士は自分一人しかいないので、ほかの人と比べられないメリットの半面、一人で抱え込まなくてはいけないのが辛かったです。

今では二人とも小学生になり、楽になりました。自分でお留守番してくれる、自分でごはん食べてくれる、自分でトイレができるって素晴らしいことだと実感しました(笑)



にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:働く女性 - ジャンル:就職・お仕事

娘について
娘は現在10歳。
少しずつ難しいお年頃に向かっています。
反抗期はまだ少し先かな、なんてドキドキしています(笑)

実は私は子宮内膜症を持っていて、結婚してから2年ほど子供ができませんでした。
この辺のことはまた後々書くとしまして。

やっとの思いで欲しかった子供。
最初は女の子がいいなと思っていたので、とても嬉しかったです。
旦那もオトコ兄弟なので、女の子と言うのは憧れだったらしく(笑)
両親からは初孫だし、そりゃもう可愛がってもらえました。
幸せなことですよね。

しかも私そっくり☆
私の子供のころの写真を見るとウリ二つ。
旦那さんの遺伝子はどこへ??(笑)
実家に帰ると近所の人たちから、名札いらんへんなぁと笑われています。

小学校3年生まではなかなか特定のお友達ができなかったらしく、寂しそうにしていましたが4年生になってとても仲の良いお友達ができ、グループにも入れてもらえたらしく毎日楽しそうに学校に行ってくれています。
このことに関しては、とても気をもみましたのでホッとしています。
女の子はとても難しい。
グループもできるし、微妙な関係もある。
それは自分自身が過去に女の子、だったのでよーく分かります。
下手すると悪質ないじめもありますしね。

娘は公文に通っています。
1年生のころ、あまりにも算数の成績がひどくて本人から行きたいと言い出したので通わせています。
公文をご存じの方は多いと思いますが、とても宿題がたくさんあって自分で考える力を身につかすようにできています。
最初の頃は泣きながらやっていましたが、頑張れば頑張るほど学力が身に付き、学校の授業も楽になると気付いてからは毎日きちんとするようになりました。
実は私も子供のころ無理やり公文を習わされたクチですが、挫折しました(笑)
やはり、本人のやる気なんですよね、何事も☆
そんなことを娘から教えられました。


最近はDSのどうぶつの森が好きだったり、おしゃれに目覚めたようで着る服ひとつにも文句を言うようになりました。そろそろ私が選んだ服は着てもらえそうにありません(苦笑)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:小学生の子育て♪ - ジャンル:育児

息子について
息子は現在8歳です。
一言でいえば、やんちゃ!ですね(苦笑)
元気いっぱいですが、何かに夢中になると周りの音が聞こえないし、同じことで怒ることは山ほどあります。
けれど末っ子らしく甘えん坊で、泣き虫。
よくしょうもないことで泣いて、お父さんにそんなことで泣くな!と怒られています。
でも、小さい子の面倒見は良いらしく、従妹のチビたちに懐かれて実家に帰ればモテモテです(笑)
おねえちゃんのきつい言葉にも反論せず我慢。キレたときは凄まじい反抗をしますが、基本穏やか。



息子は予定外☆でした。
元々不妊症と言われ、無排卵月経と言われていたから「あぁ、私は子供ができないんだな。娘だけでも授かって良かった♪」なんて思って避妊せずにいたら、あらびっくり!いつの間にかお腹に居てくれていました。
娘を産んだことで体が変化したのかしら?
しかも男の子。
周りには上手に産んだとか、両方でいいわね、と言われましたが私自身どちらでも良かった。
男でも女でも産まれてくる命は同じ。大切なわが子ですものね。
妹も長女長男と産んでいるので、そういう家系?なのかしら。
両方の育児を味わえてありがたいですが、結構不経済なんですよ。
お下がりがまずできないし、おもちゃも全然違います。

さて、息子ですが実は産まれてくる時へその緒が3重に巻きついていて危なかったのです。
あと1重巻きついていたら危なかったと言われました。
そのため息子は産声を上げずに産まれてきました。
出産のとき旦那は夜勤で不在。母だけが立ち会ってくれたのですが、あの時は本当に怖かったと母は言います。
里帰り出産をしたのですが、万が一の為に大きな病院を選んでいました。娘も同じ。
それが良かった。
長引く陣痛・・分娩台に上がっても全然下りてくる気配がない。
娘の時より長くかかる出産に、痛みと不安で私がパニックになりました。
ほんと、痛いのに痛いのに・・おかしい!と本能で悟ったのか。
看護師さんや助産師さんがあわてて酸素マスク装着したり、腕に注射をしまくります。
「ドクター呼んでください!」
「咲さん、深呼吸して!」
そうしているうちに、ドクターがやってきて
「咲さん、切るよ!」
と声をかけます。2人目だから、会陰切開はしなくていいね、なんて出産前に言われていたのです。
ピッと切られて、息子が引っ張り出されたのが分かりました。
その瞬間ドクターは叫びます。
「小児科の天野先生呼んで!」
すぐさま息子は横の寝台に運ばれ、よってたかって処置が始まりました。
私は痛みがおさまり、ほっとして横を向くけど、息子の姿が見えない。医師と看護師に囲まれて見えなかったのです。
しかも産声が聞こえない。
なに?なにかあったの?
どうして?産声が聞こえないの?
不安でいっぱいですが、体は全然動かない。声も出せなかったのです。

そうしていると、バタバタと別の先生が飛び込んできました。
聴診器を耳に当てながら看護師や助産師をかき分けるようにして息子の前に行きます。
その時見えた息子のお腹と足はぐったりしたまま。

その時心の中で必死に祈りました。
どんな形でもいい、お願い、生きていて。と。

チューブを息子の口の中に挿管して人工呼吸を必死に繰り返していました。これは生まれたときにビデオ撮影を病院がしてくれているのですが、退院するときに渡してもらえて、見ることができたのです。

ドクターの懸命な治療のおかげで、息子は呼吸をすることができたのです。
結局産声はあげませんでした。
それでも
生きていてくれた・・
嬉しくて嬉しくて、初めて抱かせてもらえたときは涙がでました。

その後力強くお乳も飲むようになり、すくすく育ってくれました。

産まれた時は大変だったけど、その後息子はよく寝てよく泣いてよく飲んで、食べて・・
さすが男の子だなぁと実感させられました。

すごく食べて寝るのに、背は前から3番目のおチビです。
ガリガリで、中々大きくなりません。
それでも元気に育っているのだから、まいっか!と思ってます。

最近
「なんで俺はガリガリでちっちゃいん?」
と聞くので、
「あんたにはあんたのペースがあるんやよ、そのうちおっきくなるさ」
と言っています。

学校では忘れものも多く、先生の話を聞かないと、やんちゃですがそのうち落ち着くだろうと思ってます。
お姉ちゃんにつられて始めた公文も学年に追いつき、授業は楽らしい。
でも国語が苦手で、苦労しているみたいです。
小さい時に読み聞かせをしなかったからかなぁ・・
読んであげる暇がなかったんよ・・

ポケモンゲームとガンダムのプラモデルが大好きです。
テレビのドラゴンボールやポケモンにも夢中。

私には分からない世界が広がっていますね。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

夫婦って
夫婦って奥が深いですね。
なーんて、主婦の皆さんは分かっていらっしゃることなんですよね(ふぅ)←ため息☆

うちは仲の良い方だと思います。
旦那さんはそりゃもう私のことを大事にしてくれていると、思います。
しょっちゅう好きか?と聞いてきますし。俺の方が想ってるとか言ってくれます。
でも、でもね、こんなことを毎日繰り返し聞かれ、子供の前でも聞かれ・・ちょっと重いと思うのは私贅沢でしょうか?
正直しんどいなと思ってしまう自分がいることを否定できません。
体をやたら触られるのも苦痛。夫婦の生活の時ならともかく、日常は母であったり妻であったりするんですよ。
毎日所構わず女を求められても困る。
ましてやデリケートなところを触られても・・・時には苦痛。
好きな人に何されても良い、という時期は過ぎましたよ。
そこらへんがどうも分かっていないようで、拒否するとすねたり怒ったり・・

かといってなんでも甘甘ではなく、時々理不尽なことを言ったり怒ったりもするんです。

先日本気でもう嫌だと思いました。今は大丈夫ですけどね。
現在旦那さんは転職の境目にあって、1月で前の職場を辞めて、3月から次の職場に行くことが決まっています。
つまり今月2月は丸丸家にいるのです。
それはいいんです。子供も嬉しそうだし、習い事の送り迎えもしてくれるので、助かってます。
実際そういうことをやり出して、今まで私が仕事・家事・育児をしながら頑張ってたことが頭でなく実際体験して、目にして理解したようなんです。
「こんな大変なこと今までお前一人でしてくれてたんやな」
と言ってくれました。そうよ、私は頑張ってるんだよ、と嬉しかったです。

とある日、息子のクラスが急きょ学級閉鎖になってしまい、昼から帰宅することになりました。
私はもちろん仕事です。
でも、旦那がいるじゃないか、助かった、とホッとしていたんですね。
なのにメールがきて、出かける予定だったのに、俺はいつ行ったらええねん!と怒りのメールが。
あのね、あなたの休みは今日だけじゃないでしょ?
今月ずっと休みなんだよね?
その後何度も怒りのメール、文句メールが矢継ぎ早にくる。
挙句に息子がまだ帰ってこないんやけど??ってメール。
通学時間30分かかるのだから、タイムラグあるでしょう。
そのメールが来た5分後に息子は帰宅しました。
ちょうどその日は私も突発なことが仕事で入り、院長命令でもあったので究極に忙しかったのです。
そんな中、メールの嵐。
逆の立場だったらキレてますよ、旦那。
メールを無視すれば?って思うでしょ?
でも、以前忙しくて携帯にあった電話を取れなかった時、連絡取れへん携帯なんて意味ないやないか、と私の携帯取り上げて壊そうとしたんです。短気なんです。
仕事中はとれない時もあるよ、ってその後散々怒りましたけどね。そういった理不尽なことを言う時もあるんです。
だからなんとかメール返信してました。

でも

さすがに温厚な私も何かが切れた。

今、私が仕事中って理解してくれていますか?

とメールを送ったら返事無し。
私もムカつくので後は無視。

帰宅した後言い合いました。その時は本気で話し合っても自分が間違っていないと言うなら、離婚しようと思っていました。
結局向こうがバツが悪そうに、
俺だって辛かったんや、分かるやろ?
で終わり。

謝罪なし。


その後、私が好きな音楽をレンタルしてパソコンに落としてくれたり。
なにかと気を使ってくれているのが分かったので、私も怒りをひっこめました。
けどなーんかもやもやしてます。
本人は仕事やし無理とか、仕事なんやから・・と言うこと多いです。
私の仕事を軽く見てるの?って本気で思いました。
逆に旦那が仕事中に、私が平日休みで自分の思うように用事が片付かないからってメールしまくったら、絶対旦那ブチ切れてますよ。


いい所もあるんです。子供をきちんと叱ったり褒めたりと可愛がってくれていますし。
家族一番!な人ですし。
辛い仕事も家族の為に耐え抜いてくれましたし。
酒も煙草もギャンブルも浮気もしませんし。

そう思うんですけどね。

時々、なんなの、それ!?
っていうことがあると、少しずつ何かが欠けていくような気がして自分が怖いのです。
好きだし、大切な人であるとは思うけど。

昔見たいに何されても許せて、好きでっていうのはもうありません。

皆さんはどんなご夫婦なんでしょう。
それぞれ譲り合ったり我慢したりわがまま言ったりしておられるのかな。

もちろん私も完全な人間じゃないから、旦那も我慢してくれているんでしょう。
もっと私がその時にドカンと切れた方がいいのかしら。
ためこむから、こんな風に感じるのかな。

友達のご夫婦関係って聞きにくいし、分かりにくい。
冷めてしまってる?とか、ご主人我慢してる?と感じる夫婦は多いけど(笑)

仕事しているので、主婦友達って多くありません。
家のことや旦那のことをペラペラしゃべる友達はいないのです。
旦那の悪口を言うのは嫌だし。愚痴も嫌。

自分の実家にそんなこと話して余計な心配もかけたくないですしね。

ブログならと思い思い切って、書いてみました。
不快な思いをさせてしまったらごめんなさい。


あぁ、夫婦って難しいなぁ~


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:結婚生活 - ジャンル:結婚・家庭生活

好きなもの♪
小学校卒業の時、文集を書かされて最後に将来の夢って書かされませんでした?(笑)
例にもれず私も書きました。
それが

ママさんバレーの選手(^^)/

全日本選手と書かなかったところが、私らしい。大きすぎる夢は見なかったんだな(爆)
叔母がママさんバレーをしていたのです。母と妹はソフトボール、父と弟は野球という家族の中で、私は明らかに浮いてました。身長も低くすごく大人しかったんですよ。
本当は小学3年のころ、ちびっこバレーをしたかった。叔母のかっこよい姿に憧れて、自分もしたくてたまらなかったくせに。
しかしあまりに引っ込み思案だった私は、やりたいと言い出せなかったんですね。
長女として育ち、やることなすこと周りが常に先回りしてくれた環境だったため、自分の意志を出せなかったんです。
この経験から、我が子たちには親から何かをしなさいと言わないようにしています。
子供がやりたい、と言ったら話し合って始めさせています。
おかげで現在娘も息子も自分でやりたいと言った習い事はやり通してます。

え?私?
私はピアノ、習字、そろばん、全て習わされて途中で投げました。
唯一続いたのが中学のクラブ、バレーボールだったわけ。
ほんと意志って大事。

で、バレーボールは中学で思う存分やりました。本当にやってよかった。楽しかったし、厳しかったけど学んだことはたくさんありました。
性格もだいぶ変わったと思う。
引っ込み思案だった自分は初対面でも話せるようになりました。こうなりたい、と願い努力しました。
人を羨むのは悪いことじゃないと思うけど、羨むと妬むは表裏一体ですから。
それよりも、相手のいい所を尊敬して、自分もそこに近づけるよう努力したいです。

高校も続けたかったのですが膝を壊しかけて断念。思えばこのとき高校でバレーをしなかったことがママさんになって暴走したんだなぁ(笑)

お年頃になって就職して、社会人になって結婚して出産して。
すっかり子供のころの夢を忘れていました。
娘を3歳で幼稚園に入園させました。
そこで持って帰ってきたプリントが

ママさんバレーしませんか?

でした☆
思い出すあの頃の夢・・やりたいっ・・もう後悔したくない!!
ただただやりたくて、旦那にお願いして始めました。
でも息子はその時1歳。まだまだお母さんべったり・・なんですよね。
それでもやりたくて、連れて行ってやってました。
けれど幼稚園のママさんバレーは平日の昼間にするんですね。
私は仕事をしているので平日に休もうとすると、有給か振替にするしかありません。
月に一度が限界です。
物足りないし、このままでは続けるの無理・・となります。
そんな時夜に活動をしているママさんバレーのチームに誘われました。
金曜か土曜の夜ならできると喜び勇んでそのチームに入りました。

そこは全国大会目指す人たちのチームでした。
レギュラー争いは凄まじいし、補欠の気持ちは無視。ほとんどの人が同居世帯で、子供の面倒も親に見てもらえるんですね。もちろん同居イコール子供のお守をしてもらえるとは思っていません。が、そこの人たちは見てもらって当たり前、な考えの人ばかりでした。
私は核家族で、私も旦那の親も遠方です。
夜に子供を見てくれるのは旦那しかいません。
当然、旦那は毎週子守を押しつけられて、私が好きなことをするのに不満を持ちます。
そのうち喧嘩も増え、好きなバレーなのに苦痛になってしまいました。
もう、やめようかと悩みました。泣きました。
育児ストレス、仕事のストレス発散にバレーはとても良かったんです。
悩んで悩んで、やっぱり子供が大事。自分の好きなことのせいで家庭が壊れるのはよくない・・そう思っていた時、近所の友人から(別のチームに所属)誘われました。

そこは楽しんでバレーしよう。
皆でコートに入ってがんばろう。
そんな方針のチームでした。

メンバーも仕事を持っている人がほとんどで、同居世帯だったり核家族だったりと様々。
雰囲気もとても良かったんです。

チームを抜けることは勇気がいります。
同じバレーボールの世界ですから、体育館で顔を合わすこともあるし試合だってある。
でも、当時キャプテンをしていたKさんが、背中を押してくれました。
うちらのことは気にしなくていいよ、咲ちゃんが咲ちゃんらしくバレーできる方がいいよ。って・・
ありがたかったですね。
他のメンバーにはそれらしいことを上手く言ってくれて、快く辞めさせてもらえました。

生きていく中で、たくさんの人に守られて助けられているんだなって思います。
怒りながらも、バレーはお前の生きがいやろうから、やめんでいいと言ってくれた旦那。
バレーボールしているお母さん、カッコイイよと言ってくれた娘と息子。
でも、バレーは痛いからしたくないといわれましたが(笑)
試合の日に子守に遠方から駆けつけてきてくれた妹と母。

背中を押してくれたキャプテン。
暖かく迎え入れてくれた今のチームメイト。

今、子供達は小学生になり留守番もできるし、一緒に体育館に練習に行っても上手に遊んでくれています。(息子は体育館を走り回ってますよ☆)
辛かったけど、レベルの高いチームにいたおかげで自分のレシーブ力が上がったし。
早く始めたから体力もつきました。
28で始めたので体が楽でした。今始めたら絶対きついです(笑)

現在は9人制ママさんバレーの中センを守っています。時々セッターもしています。
ボールを上げたとき、あげたボールをアタッカーが決めてくれたとき、すごくうれしい。
自分の居場所、それは家だったり仕事だったり趣味だったり・・どんな場所でもいい、自分の居場所があれば楽しく生きられるんじゃないかな~と思っています。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

不妊・・・
結婚してしばらくは子供はいいや。
30歳くらいでいいよね~なんて思っていました。

でもある日ふと思いました。

子供って欲しい時に授かるもん?
答えは否☆

若いと当たり前のことに気付きにくいです。体も心も充実してて、自分の思うどおりにならないものはないなんて無意識に思ってしまうのかな。

自然に任せればいいよね、って考え直して避妊をやめてみました。
ところが1年たっても妊娠しない。
あれ?
おかしいな・・と思っていたころ、高校の時からひどかった生理痛が悪化して3度も救急車に乗るはめに。
これはおかしいぞ?と思い、病院に行くと

子宮内膜症・無排卵月経・不妊症・・という病名でした。

それから治療が始まりました。
子宮内膜症は女性ホルモンを止めます。
高校の時から放置していたせいで、癒着がきつかったのです。完治するのに1年近くかかりました。
女性ホルモンをとめるのですから、更年期障害が襲ってきます。
のぼせ・冷え・肩こり・頭痛・痩せ・・・エトセトラ☆
20代で更年期障害になるとは思わなかった(;´・ω・)

内膜症が完治した後今度は無排卵月経の治療です。
これはホルモン投与なので、お腹の膨張感に振り回されました。

治療を続けながら3年近くたってもしんどいだけで妊娠の気配はなし。
そのうち友人から妊娠したよ、って報告をもらうようになります。
でもその時の私は素直に喜べず傷つきました。
喜べない自分に自己嫌悪し、悪循環。
追い詰められていく私を見て、旦那は「いざとなったら二人でもいいやないか。どうしても子供が欲しかったら養子や里親だってある」と、言うようになりました。

ドクターも「まだ若いので、一旦自然な状態に戻してみましょう」と言って、薬も通院もやめました。
それから3ヶ月後
妊娠
びっくりしました。
ほんと、人生って思うようにならない(笑)

娘が生まれた時はとても嬉しかったです。

そして何より喜んでくれたのが両親でした。
私の体のことを知って、心配して気を使っていてくれたようです。
あの頃自分のことでいっぱいいっぱいだった私は気付かなかったけど。

母は電話の向こうで泣いて喜び。
父はずっと吸っていたタバコをやめました。
里帰り出産するよ、と聞いて、帰ってくる私と産まれてくる孫の為にやめたのです。

正直、びっくりしました。
父とは思春期の頃色々あり、さんざんぶつかったのでどこか線をひいていましたから。
殴られた記憶はあっても、抱きしめられた記憶はないです。
8つ下の弟ばかり可愛がり甘やかし、私と二つ下の妹には怒って手を挙げることしかなかった父でしたから。

でも、娘が生まれ可愛がってくれる姿を見て少しずつわだかまりが解けていきました。
娘も息子も”じぃじ”と呼んで懐いています。
妹の子も、弟の子もじぃじ大好き。
「ワシも年取った」
「あの頃若かった」←私とぶつかったころのことね
なんて言うようになりました。

不器用だったのかな、と。

私も可愛くない娘だったからな~(苦笑)


生理痛がきつい人や、不順な人たちに言いたいです。
痛みは体からの危険信号です。
病気が隠れていることが多いのです。
どうか恥ずかしがらずに、産婦人科に行ってください。
内診や検査は、若い人に受け入れがたいと思うけど。

無理なダイエットや喫煙もどうかやめてほしい。
ホルモンバランスを崩すと元に戻るのに時間がかかります。

幸せな結婚、妊娠出産を望むなら。
その日の為に、体を大事にしてください・・

そう思います。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

仕事と育児
さて、めでたく妊娠しましたが不思議と仕事をやめようとは思いませんでした。
というのも、母も仕事をしながら私を筆頭に3人育ててくれていたからです。

それに、働けるなら働いた方がいいやーん(笑)
旦那の収入ではきついしねー☆

そしてありがたいことに、職場に託児所が併設されていたのです。
元々看護師の為にできていましたが、事務長と交渉の末私も利用することを勝ち取りました。

ですから妊娠してつわりでヘロヘロになっても、電車15分、バス10分の距離を通勤しました。
いやー私はつわりがきつくてですね、常に食べたら吐く☆の繰り返しでした。
吐くのになぜか体重はしっかり増えていましたけどねぇ・・

電車では常にトイレの傍に陣取り・・
バスの中では常に吐いても良いようにスーパーの袋を握り締めていました(笑)

妊娠して思ったのですが、電車で席を譲ってくれるのは、若い女性が圧倒的。
次に譲ってくれるのは優しそうな老齢の女性。

絶対に譲らないのは老齢の男性!これ絶対。
既婚らしいサラリーマンは譲ってくれる人もいますが、独身の男性らしき人は完全スルーですね。
おばさんは通勤時間に電車に乗ってこないのでよく分かりませんが・・譲ってくれるのかな。
今みたいに、マタニティワッペンもない時でしたし、立ったまま通勤もしょっちゅうでした。


お腹の娘はすくすく育ってくれましたが、4か月の時に切迫流産・8か月の時に切迫早産になってしまい1週間ベッドの上に縛り付けられました。

私が働き続けるとなった時、一つの問題がありました。
それは私の代わりがいないということ。

管理栄養士を必ず一人常勤で置かなければならない施設は、私の代わりの管理栄養士を確保しなければなりません。
しかし、田舎であり1年だけと短気では、募集しても全く見つかりません。
仕方ないので私自身のツテを頼り、幸い来てくれる人が見つかりました。
けれど息子の時、8か月になっても見つからず、事務長からは見つからなければ辞めてくれとまで言われました。
管理栄養士がいないということは、そのまま病院の減収につながるのです。
けれどろくに探そうとせず、短期でなければ見つかる、あんたの代わりはいくらでも居るとまで言われました。
泣きましたね~悔しかったですね~
今まで一生懸命働いてきたのに、妊娠して代わりが見つからないからとサッサと切り捨てようとする態度に。
ま、企業なんてそんなもんだわ。
今はそう言えるけど、若かったあの頃は傷つきました。
必死に探して探して・・・やっと託児所があるなら・・・・と子供を産んだばかりの人が引き受けてくれました。

ほんと胎教に良くなかったですね。

娘の時は生後10か月まで休むことができました。
けれど息子の時は、小さい子を抱えて仕事することに舅と姑の理解が得られないと言って、生後2か月の時に辞めてしまわれました。
仕方ないので首の座らない息子を連れて、復帰しました。
3時間ごとのお乳をあげに託児所へ通うことを条件に。

ここまできたら、必死です。悔しい思いして傷ついて辞めるのなんて絶対いやでした。
子供のせいにもしたくなかった。

その頃は引っ越しもして、車で通える環境でしたからチャイルドシートに子供乗せて通勤しました。
さすがに電車ではきついですもの。

正直あの頃の記憶は曖昧です。
ただただ必死だったなぁ。

託児所の保母さんはプロ!ですから。
離乳食やおむつ外し・・全部していただけました(もちろん家でも頑張りましたよ♪)
初めてのタッチやあんよはぜーんぶ保母さんでした。くっ見たかったなぁ。

託児所に迎えに行ったら
「あ、お母さん!今日息子クンが初めてたっちしましたよ♪」
「え?ほんとですか!見たいです。息子よ、たっちして」
「だっこ!」
「たっちは?」
「や!」
ガァ──(_△_;)──ン
てことがあったり(笑)

白衣を着て託児所にお乳をあげにいってたせいもあり、息子は白衣大好きに(笑)
白衣=大好きなお母さんとおっぱい♪
ですからね。

予防接種のとき、わんわん泣く乳児のなかで、一人ニコニコしていて他のお母さんから感心されたのもいい思い出です。

企業というものはしょせん企業です。どんなに一生懸命働いてもいざとなったら簡単に切ってきます。
だったら、私も生活するために、子供と自分の為に・・割りきって働こうと思ったのもこの頃です。
それまでは自己犠牲みたいにして仕事することもあったけど。
子供が出来てからは、割り切るようになりました。
一番大事なのは子供。
仕事は生きるための手段なのだと。
もちろん、責任はきちんとやり遂げます。それは働く上での一番の大事なことだから。

あ、でも仕事を生きがいにされる人もいると思うので、生き方は様々だと思います。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村


サリーちゃん>拍手コメントありがとうございました。嬉しかったです。非公開になっておりましたので、お返事はできていません。もしお返事ご希望でしたらメルフォを利用してくださいね(^∇^)

テーマ:働くということ - ジャンル:就職・お仕事

参観日☆
今日は子供たちの参観日でした

2年生4年生最後の参観なので、お休み取って行ってきました。
うんうん、成長したね(娘だけ)
おいおい、ちゃんと座れやぁ・・息子。
二人とも国語の授業でしたが、娘はしっかりと教科書を読んでいます。
当てられてもスラスラ朗読・・ウンウン♪
息子は・・姿勢が悪いよ~しっかり前向かんか―い☆
教科書、違うページを見ていたらしく巡回していた先生にしっかり注意を受けてますコラコラ

でも、二人とも共通して私と旦那が廊下から見ているとチラッチラッ*´ェ`*)チラッと親を見て口元が緩みます。

参観日は必ず行ける方ではないので、嬉しんだね。

「行けへんくてごめんなぁ」
と言う私に
「かまへんでぇ」
と軽く言ってくれてる子供たちだけど。
やっぱり寂しい思いさせてるんだな。

udon

参観日も終わり、旦那と二人で昼ごはん。
最近できたうどん屋さんに行ってきました。
セルフなので勝手がわからず挙動不審な二人でした(笑)
私は釜揚げとキス天ぷらといか天ぷら付きで。
ウンマー(゚д゚)ウマ-ウマー♪
温かくて、とてもおいしかったです。
食べてから気づきました。讃岐うどんだったんだぁ・・
お気に入りリストにしっかりとあがりました。
今度は子供達も連れてきてあげよう(^v^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:出来事 - ジャンル:学校・教育

子供の病気
さて、子供は病気します。
おっぱい飲んで免疫がついている間は元気ですけどね。

子供が病気だから、仕事休みます・・なんて言ってられない。
職場の託児所は風邪や発熱でもOKでした。これはありがたかった。
保育所や幼稚園は熱が出たらすぐに電話がかかってきますからね。

子供が病気になったからと看護師が休んでいたら、病院機能しませんもんね(笑)

しかし託児所も預かれない病気があります。
それはインフルエンザと法定伝染病☆
感染率が高く、かかると子供の命に関わる病気は自宅待機になります。
こんなとき近くに親がいたら・・・親戚がいたら・・・誰か頼れる人がいたら・・・・
とどんなに思うでしょう。

うちは両方とも親は遠方です。
私の親は車で2時間、旦那の方は3時間かかります。
しかも、旦那の方は自営業なので・・あと他にも理由があるのですがそれは後々に語るとして☆
預けられる環境じゃない。
私の親もまだ現役バリバリです。二人とも働いてます。

私は比較的休みは取りやすい方ですがさすがに3日も4日も休めない。
その頃旦那はシフト制の仕事ですからなおさら休めない・・
どうする・・・?

こうなると他人の手を借りるしかありません。
このときの為に、情報はしっかり得ていました。
私はファミリーサポートセンターとシルバーセンターに登録していました。

子守お願いします、と連絡をすると初老の優しそうなお婆ちゃんがやってきてくれます。
私は家に他人を入れるのは嫌だったので、相手の家で子守をしていただきました。

もう一つ大変なのが自分が倒れたとき☆
一度インフルエンザになってしまい、死ぬかと思いました。
そんな時に限って子供達はめっちゃ元気(笑)

このときもシルバーセンターにヘルプ・・・
「孫と一緒に遊ばせておきますね」
と言って、連れて行ってくれました。
睡眠しこたま取って、夕方迎えに行くと
「うんちいいのしましたよ~」
と言ってもらい、家の中を見るとニコニコ顔の子供たちが遊んでいました。

シルバーセンターは時給770円くらいだったと思う。後日振込に行きました。
1日5千ちょい。
3日ほどお世話になって2万飛んで行ったけど、助かりました。突発的なことですから多少の出費は仕方ないですよね。
もちろん申し込んだときに面談もあって、きちんとした人が選ばれてきます。
大体子守をしてくれる方は元保母さんが多いです。

その後、私たちが奮闘しているのを聞いた母が
「忙しなかったら休みとって行ってやるから、遠慮せんと電話しなさい!」
と言ってくれて、何度か甘えました。
母親ってすごい~
母が手伝ってくれるのは嬉しいけど、病気の時に母に甘えると涙が出そうになる。
いい大人がって思うけど、普段必死にがんばってるから病気になって気が弱ったところに甘やかされるとふにゃ☆ってなっちゃうんだよなぁ。

何歳になっても親は親・・なのね。




にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:病気 - ジャンル:育児

幼稚園?保育園?
託児所で子供達はすくすく育ってくれました。
さぁ、3歳です。幼稚園か保育園か・・・ウーン

託児所でずっと過ごすのもいいけども、子供の数は同じだしアットホームで集団ではありません。

働いているのだから、保育園に入れた方がいいと思いました。
でも、保育園は高い☆
私も旦那もサラリーマン☆税金がしっかりと引かれているので所得がごまかせません(笑)
保育園は両親の年間所得で保育料が決まります。
市役所から資料を取り寄せて調べてみると・・・・
うげ!高っ!!
給料の半分近く持っていかれる!ひぇぇぇ・・
4歳児になると大分安くなるのですが、3歳児は高いのです。ちなみに0.1.2.も高いですよぉ。
私は4歳から幼稚園に行きました。
そこは3歳児から幼稚園に通っている子の天下で、なかなかなじめなくて辛かったんです。
お友達グループもできちゃってるしね。
だから、娘には3歳児から園に通わせたかった。最初は泣くけど、3歳の方が順応性が高いとも聞いてましたし。

公立の幼稚園は送り迎えが必要なので、仕事をしている私は論外。
では、私立の幼稚園は・・・調べてみると所得に関係なく皆同じ金額。そして送迎バスもある。
バスがあるなら、託児所に来てもらえるかなと思い相談すると私有地に入ることになるので、許可が下りればコースに組み込めます、とのことでした。

その時、私立の幼稚園にほぼ決めていました。
託児所があるので、幼稚園で可能な環境だったんです。
園から帰ってきても、そのまま仕事が終わるまで託児所でみてもらえますから。
だから保育料が高い保育所を選ぶことに躊躇してしまった。私立は助成金もあって返金されますし。

そして事務長と交渉の末、敷地内にバスの乗り入れ許可頂きました。
バンザーイ☆
といいことばかりのような気がしますが・・・

やはり甘かった・・・・

そもそも幼稚園は働くお母さんの為の施設ではありません。
たとえ働いているお母さんがいても、同居世帯がほとんど。つまりお祖母さんがいらっしゃるんです。
私のように核家族で働いているのに幼稚園に入れる人なんてほとんどいない。
だからまず、役員になるとウソみたいに集まりがある。
イベントも豊富でそのたびに保護者は園に行くことになります。
親子料理☆親子遠足☆親子イモ掘り☆親子イチゴ狩り☆親子大根掘り☆親子玉ねぎ堀り・・
どこもそうだと思いませんが、娘を入れた幼稚園はこんな感じ。もちろん参観日も母親参観、父親参観、祖母祖父参観・・・・等等・・ウフフ(ヤケ)
お友達のお母さんが来てるのに、私のママだけ来ない・・なんて想像しただけで胸が痛む。
もちろん、幼稚園のこういった試みは素晴らしいです。親子のふれあいわんさか!

必死に休みをとったり振替したりして、イベント参加しました。
これに2つ下の息子が入園して、年少と年長に二人がいたときは・・・
果てしなくハードでした(^^ゞ

役員も仕事してますから、といって免除になるわけじゃぁない。
ま、もともと前向きなのでしっかり引き受けてやり遂げました。
おかげで友人もできたり、制服譲ってもらったりしてラッキーなこともありました。

保育園に入れた友人に聞くと、やはり保育所は働くお母さんの為の施設なので。
役員も必要最低限のことしかしないし、イベントも幼稚園ほどではないと言っていました。
お弁当やおやつも充実してますしね。
幼稚園はお弁当中心です。恥ずかしい思いしないよう、色とりどり弁当作りました。
プチトマトとプロっこりーは必須ね(笑)

働くお母さんはやっぱり保育園がいいと思います。
都内や都会だと待機児童問題もあって、本当に大変そうです。
私の住む街は田舎なので、待機児童はゼロだそうです。
幼稚園も工夫するようになって、有料だけど6時まで見ますとか給食増やしたりしているようです。



娘と息子が通った幼稚園は評判良かったのですが、最近は人気が落ちているよう。
先生もどんどん辞めていってるらしいし。
そういうのを聞くと切ないですね。

子供ため、自分のためベストな環境を選べるといいですね(^。^)

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:幼稚園 - ジャンル:育児

旦那が家にいる
この超絶不景気の時に。
うちの旦那さん転職します。
そのため2月、完全にぷーなんですよね(泣)
そう、ずっと家にいるのです。
今まで母子家庭みたいなもんだったから、なんか不思議な感じです。
でもね、私は働いて家のことして子供の面倒みて・・・
旦那が家にぼーといるのは耐えられない。ムカつく!←本音
と言うわけで、できることはやって頂きましょう、そうしましょう!
ごみ出し、犬の散歩!缶ビン捨て!家の用事!子供の送り迎え!
ほら、働け働け(笑)

もちろん私が朝から晩まで動いているのも見て。

「お前、すごいわ!」
と感心していました。

やっと分かったんかい☆
そうよ、私は働き者なんだよ。
ずっと頑張ってきたんだよ。

なんか分かってもらえて嬉しくなりました。

そんな日々を送ってます。


でも、実際居てくれると楽です。
まず子供たちの喧嘩が減りました(笑)
そして送り迎えをしてくれるので、私は帰宅して夕食づくりだけをすればいいのでめっちゃ楽なんです。
あぁ、でもこの生活もあと一週間で終わりなんですよね。
ま、働いてもらわないと大変なことになるので早く3月になってほしいのも本音です。

旦那、2キロ太ったそうですΣ(゚д゚;)ガーン
これで私のことをデブって言えないはず☆(どっちもどっちだ)

3月給料がないんだよな~どうしたもんかな~シクシク
私だけのお給料ではローンと教育費で消えます☆


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:日記

タマタマはなんであるの?
うちの息子クンは片方だけ停留睾丸で産まれてきました。
1歳になる前に手術をして、完治していますがどうしてもタマタマが片っぽ短いんです。
最近気になったのか、

「俺のタマは片っぽ短いねん、変やんなぁ」
と言いだしました。

「そんなことないよ、ちゃんと手術したから大丈夫やよ」
と説明します。

うん、分かった!と元気よくお返事してくれたのでホッとしたのも束の間☆


「なんでタマなんかあるん?よー考えたらいらん(いらない)やん!おしっこするチンチンだけでえーやんか」

と言いだしました。

さて困った・・(´ェ`)ン-・・
なんて説明しよう!
子供云々はまだ早いよなぁ・・ウーンウーンと説明に詰まった私の後ろから

「それはな!バランスをとるために必要なんやで!」

と旦那さんが自信満々に説明してくれました。

「そうか!バランスか!ほんで二つなんやな!」
とえらく納得したご様子(笑)

うまいこと言うなぁ~と思った出来事でした(^^ゞ


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

子育てに役立つ本
081215_0842~0001


かなり売れているらしいので、ご存じの方も多いかな。

子育てハッピーアドバイス という本です。

私はこの本がとても好きです。
読むととても癒されて、元気づけられます。

育児はきれいごとだけじゃなく、イライラしたりストレスがたまる時もたくさんあります。

怒っては駄目、叱らなければ駄目と頭では分かっていてもついつい角出して怒ってしまいます。

そんな風に育児に行き詰ったとき、読むとふっと力が抜けるんですよね。

初めて読んだとき、すごく育児に行き詰っていたときだったので涙ぐんでしまったほどです。

それから買い集めて、今も時々読み返しています。

子育てをしているかた、これからされる方にぜひ読んでほしいです。




そしてこの本も同じシリーズですが、パパにはぜひこちらを読んでほしいです。

うちは娘が10歳になったので、10代からの子育てハッピーアドバイスを買いました。
反抗期に入りますからね☆
親も子供とともに成長!ですね。






さて、話は変わりますが先日、郵便物の中にこんなのが混じってました。


私が仕事から帰ってパソコンを触っていると、娘が

「お母さん、これ目隠しなん?」
と聞いてくるので、
「そーやで~」
と適当に流していたのです。

しばらくすると

「これでいいん?」
というので、視線を娘に移すと。

顔にべったり写真のシールをはっつけている娘が!


私は一瞬目がテン!(笑)

「オイオイ・・そんな風に使うんとちゃうよ~」
と言って、思い切りはがしました。

「いだーーー!」

そりゃ痛いわな。

まゆ毛やまつ毛が何本が抜けていました。

もちろん爆笑しました!

普段めったにボケなことをしない娘なのですが、久々のヒットでしたよ(爆)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:**本の紹介** - ジャンル:本・雑誌

お風呂にて・・・☆
えーうちの息子さん、何を思ったかお風呂場で。

「お母さん、お風呂で逆立ちできる?」
「できるわけないでしょが」

「俺、できるで!」

とおもむろに湯船の中で逆立ちを始めました☆

ヲイヲイ・・それは横溝正史の・・なんだったっけ?ほら、死体がひっくり返ってる映画、ありましたよね。
題名が浮かばないんですが映像はしっかり脳裏に浮かびました。

とのんきに想像していたら☆

案の定そのままひっくり返り、鼻に水が入ってしまった息子は・・


げへっげへっ・・・は、はにゃにびずがばいった・・・(訳:鼻に水が入った)
いだい・・・うえーん・・・」

ともがき苦しみながら起き上ってました(爆)

あのねぇ、考えたら分かるでしょおお?

「そりゃ鼻に水が入るにきまってるでしょが~だいじょぶ?」
と慰める母です。

「できると思ったんやげど・・・ズビズビ・・」

思ったんかい!!突っ込み)


思ってできたら、世の中苦労しないよ息子クン!

がんばれ・・・(笑)


息子はこんな風に素敵なネタを提供してくれます。
笑ってやってください(^○^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


345ママの愉快な毎日

♪ ふくふく ♪

男の子って、かわいい

母は強し!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

好きな本

フリーエリア

フリーエリア

blogram投票ボタン

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。