プロフィール

蒼

Author:蒼
16歳の娘と14歳の息子の子育てをしながらフルタイムで働いています。

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ☆

ごゆっくり♪

現在の閲覧者数:

ワーキングママの徒然☆
働きながら子育てして思ったこと、感じたこと、日常を徒然に・・♪*月別アーカイブでは古い順で記事が読めるようになっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子について
息子は現在8歳です。
一言でいえば、やんちゃ!ですね(苦笑)
元気いっぱいですが、何かに夢中になると周りの音が聞こえないし、同じことで怒ることは山ほどあります。
けれど末っ子らしく甘えん坊で、泣き虫。
よくしょうもないことで泣いて、お父さんにそんなことで泣くな!と怒られています。
でも、小さい子の面倒見は良いらしく、従妹のチビたちに懐かれて実家に帰ればモテモテです(笑)
おねえちゃんのきつい言葉にも反論せず我慢。キレたときは凄まじい反抗をしますが、基本穏やか。



息子は予定外☆でした。
元々不妊症と言われ、無排卵月経と言われていたから「あぁ、私は子供ができないんだな。娘だけでも授かって良かった♪」なんて思って避妊せずにいたら、あらびっくり!いつの間にかお腹に居てくれていました。
娘を産んだことで体が変化したのかしら?
しかも男の子。
周りには上手に産んだとか、両方でいいわね、と言われましたが私自身どちらでも良かった。
男でも女でも産まれてくる命は同じ。大切なわが子ですものね。
妹も長女長男と産んでいるので、そういう家系?なのかしら。
両方の育児を味わえてありがたいですが、結構不経済なんですよ。
お下がりがまずできないし、おもちゃも全然違います。

さて、息子ですが実は産まれてくる時へその緒が3重に巻きついていて危なかったのです。
あと1重巻きついていたら危なかったと言われました。
そのため息子は産声を上げずに産まれてきました。
出産のとき旦那は夜勤で不在。母だけが立ち会ってくれたのですが、あの時は本当に怖かったと母は言います。
里帰り出産をしたのですが、万が一の為に大きな病院を選んでいました。娘も同じ。
それが良かった。
長引く陣痛・・分娩台に上がっても全然下りてくる気配がない。
娘の時より長くかかる出産に、痛みと不安で私がパニックになりました。
ほんと、痛いのに痛いのに・・おかしい!と本能で悟ったのか。
看護師さんや助産師さんがあわてて酸素マスク装着したり、腕に注射をしまくります。
「ドクター呼んでください!」
「咲さん、深呼吸して!」
そうしているうちに、ドクターがやってきて
「咲さん、切るよ!」
と声をかけます。2人目だから、会陰切開はしなくていいね、なんて出産前に言われていたのです。
ピッと切られて、息子が引っ張り出されたのが分かりました。
その瞬間ドクターは叫びます。
「小児科の天野先生呼んで!」
すぐさま息子は横の寝台に運ばれ、よってたかって処置が始まりました。
私は痛みがおさまり、ほっとして横を向くけど、息子の姿が見えない。医師と看護師に囲まれて見えなかったのです。
しかも産声が聞こえない。
なに?なにかあったの?
どうして?産声が聞こえないの?
不安でいっぱいですが、体は全然動かない。声も出せなかったのです。

そうしていると、バタバタと別の先生が飛び込んできました。
聴診器を耳に当てながら看護師や助産師をかき分けるようにして息子の前に行きます。
その時見えた息子のお腹と足はぐったりしたまま。

その時心の中で必死に祈りました。
どんな形でもいい、お願い、生きていて。と。

チューブを息子の口の中に挿管して人工呼吸を必死に繰り返していました。これは生まれたときにビデオ撮影を病院がしてくれているのですが、退院するときに渡してもらえて、見ることができたのです。

ドクターの懸命な治療のおかげで、息子は呼吸をすることができたのです。
結局産声はあげませんでした。
それでも
生きていてくれた・・
嬉しくて嬉しくて、初めて抱かせてもらえたときは涙がでました。

その後力強くお乳も飲むようになり、すくすく育ってくれました。

産まれた時は大変だったけど、その後息子はよく寝てよく泣いてよく飲んで、食べて・・
さすが男の子だなぁと実感させられました。

すごく食べて寝るのに、背は前から3番目のおチビです。
ガリガリで、中々大きくなりません。
それでも元気に育っているのだから、まいっか!と思ってます。

最近
「なんで俺はガリガリでちっちゃいん?」
と聞くので、
「あんたにはあんたのペースがあるんやよ、そのうちおっきくなるさ」
と言っています。

学校では忘れものも多く、先生の話を聞かないと、やんちゃですがそのうち落ち着くだろうと思ってます。
お姉ちゃんにつられて始めた公文も学年に追いつき、授業は楽らしい。
でも国語が苦手で、苦労しているみたいです。
小さい時に読み聞かせをしなかったからかなぁ・・
読んであげる暇がなかったんよ・・

ポケモンゲームとガンダムのプラモデルが大好きです。
テレビのドラゴンボールやポケモンにも夢中。

私には分からない世界が広がっていますね。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

タマタマはなんであるの?
うちの息子クンは片方だけ停留睾丸で産まれてきました。
1歳になる前に手術をして、完治していますがどうしてもタマタマが片っぽ短いんです。
最近気になったのか、

「俺のタマは片っぽ短いねん、変やんなぁ」
と言いだしました。

「そんなことないよ、ちゃんと手術したから大丈夫やよ」
と説明します。

うん、分かった!と元気よくお返事してくれたのでホッとしたのも束の間☆


「なんでタマなんかあるん?よー考えたらいらん(いらない)やん!おしっこするチンチンだけでえーやんか」

と言いだしました。

さて困った・・(´ェ`)ン-・・
なんて説明しよう!
子供云々はまだ早いよなぁ・・ウーンウーンと説明に詰まった私の後ろから

「それはな!バランスをとるために必要なんやで!」

と旦那さんが自信満々に説明してくれました。

「そうか!バランスか!ほんで二つなんやな!」
とえらく納得したご様子(笑)

うまいこと言うなぁ~と思った出来事でした(^^ゞ


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

お風呂にて・・・☆
えーうちの息子さん、何を思ったかお風呂場で。

「お母さん、お風呂で逆立ちできる?」
「できるわけないでしょが」

「俺、できるで!」

とおもむろに湯船の中で逆立ちを始めました☆

ヲイヲイ・・それは横溝正史の・・なんだったっけ?ほら、死体がひっくり返ってる映画、ありましたよね。
題名が浮かばないんですが映像はしっかり脳裏に浮かびました。

とのんきに想像していたら☆

案の定そのままひっくり返り、鼻に水が入ってしまった息子は・・


げへっげへっ・・・は、はにゃにびずがばいった・・・(訳:鼻に水が入った)
いだい・・・うえーん・・・」

ともがき苦しみながら起き上ってました(爆)

あのねぇ、考えたら分かるでしょおお?

「そりゃ鼻に水が入るにきまってるでしょが~だいじょぶ?」
と慰める母です。

「できると思ったんやげど・・・ズビズビ・・」

思ったんかい!!突っ込み)


思ってできたら、世の中苦労しないよ息子クン!

がんばれ・・・(笑)


息子はこんな風に素敵なネタを提供してくれます。
笑ってやってください(^○^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

2年生になったとき☆
昨日は重いお話に皆さんの温かいコメントがとても胸に染みました。
あの頃を思い出して書きだしたのですが、長い長い(笑)
たまってたものがあったのかしら。
おかげで私も傷ついていたんだってことに気付けました。
あのころ、こんな場所があればもう少し楽だったのかもしれませんね。
っていっても仕方のないことだけど…
今もまだ胸に重いものは残るけど。
これからはここで書いて皆さんと交流をすることで、あの頃のように悩まなくてすむのかなって思いました。
心からお礼申し上げます。
ありがとう・・・



さて、今日はちょっと笑えるネタを。
重い話だったり笑えたりと統一性のないブログですが、宜しくお願いします(苦笑)
このブログを書きだして、昔のことを思い返すことが増えました。
そしてあのことも書きたい、このことも書きたいと欲張りになってます(^^ゞ
長く続けたいと思っているので、燃え尽きないようにしなくちゃねぇ(笑)


ではどうぞ





息子が2年生になりたての頃のお話です。
新学期も始まり、もらってきたプリントを読みました。
そこには
2年生になった、今の気持ちは・・・
というお題のもと、クラス皆のコメントがかいてありました。

ほとんどの子が
”うれしいです”
”お友達をつくります”
”べんきょうがんばります”
”1ねんせいにやさしくします!”

とかなんですね。

うちの息子はなんてコメントしたんだい?
と、探しました。


  いいきもちです

なんじゃそらーー

ブハッと吹いたのは言うまでもなく。
もう少し、ねぇ・・・・
期待してなかったけどさ。
いいきもちってなんだよ、や、分かるけど・・・

ツッコミどころ満載の息子のコメントに家族皆で大笑いしました。
今度は3年生。
どんなコメントするんだろう(笑)


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

ガンバレ
息子は空手を習っています。
空手は週に2回、火曜と水曜にあります。
でも、息子は寝る子・・・なんです。
睡眠が足りないと機嫌が悪くなります(まんま子供でしょ)
空手は夕方6時半から8時まで。
車で片道15分強かかるので、帰宅してご飯を食べ、風呂に入ると10時就寝くらいになってしまいます。
それを2日間続けてだと、体がもたないだろうということで大きくなるまでは週に一回でいいよね~と、1日さぼってました。

ところが  習い始めて半年たった頃・・
迎えに行くといつになく神妙な顔の息子。
車に乗ったとたん号泣・・・(>_<)

理由を聞いても最初は泣くばかり。
しばらく泣かせていたところ、しゃくりあげながら、同じ年のお友達に練習試合で顔面ケリ一発くらって負けたのが悔しかったと打ち明けてくれました。

あとから入ってきた子にも負けそうだったと。

悔しさが睡眠を抑え込んだらしく、週に2回空手に行くと言い出しました。
そして現在。

火曜、水曜と空手を頑張っています。

実は初めて連続で練習に行った日の翌日。
起床時間になったのに息子はなかなか起きてこない。
お父さんに怒られ、起きたのはいいのですが。

リビングの隣の和室で寝ている息子がホフク前進でズリズリと・・・(笑)

「お、お母さん・・・俺、足がイタイ・・・(涙目)なんで?」
「へ?足?なんでや?」
家族全員、朝から首をかしげます。

「・・・・筋肉痛ちゃう?」
「あぁ。空手2日続けてがんばったしや」
「大丈夫、それ病気ちゃうし!」
「さ、朝ごはん食べよ」

と、ほったらかしにされる息子。

しばらくイタイイタイとめそめそしてました(爆)

生まれて初めての筋肉痛だったようです。

がんばれ息子!

しかし自衛隊みたいにホフク前進してきた息子に、実はちょっとビビった母でした☆






夕方仕事から帰宅した私に娘が血相かえて
「メガネなくした!!」
と訴えました。

でも

娘の頭の上にあるメガネを見て、大爆笑しました。

サザエさんの波平さんのようなコントでした。

その横で元気に走り回っている息子。
子供は立ち直るのも早いな~

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

救急車になる?
息子は空手を習っていますがその送り迎えに、で10分ほどかかるので、その間息子とおしゃべりターイムです。

「お母さん、俺な、公文やめへんで」
「そーかそーか。頑張ってるもんな」
「うん、学校の勉強が簡単なんは、公文のおかげやしな」
「そうやな、息子ががんばってるからやな」

「おれ、消防士になんねん」
「ふんふん」
「もしだめなら、おまわりさんになんねん」
「ほーほー」
「それもだめやったら救急車になんねん」
・・・・・・・
「うーん(笑)救急車は車やけど・・救急救命士になるんやね」
「そうそう、きゅーめし!」
「がんばりなはれ」
「うん、だから空手もしてんねんし」
「そうかぁ。夢があるっていいことやな」

そんな会話でした。
救急車には・・なれないよね(笑)
でも、救急車ってウン千万するんですよね、確か。
おぉ!ウン千万のオトコ!



毎日子供二人とバタバタだけど。
こうやって二人きりの時にする会話って大切だなぁと思います。

ちなみに娘とはお風呂だったり、公文の送り迎えだったりしますね。
一緒にご飯を作っている時も会話します。



今日の夕食は餃子vでした
090301_1758~0001
久しぶりに手作りのものが食べたくなったので、以前買っておいた生協の餃子はさみ器を使ってつくりました~

56個作り上げて完売しました♪
息子がとにかく食べる食べる(^^ゞ
しかも餃子のたれ無しで。
美味しいのかい?
ま、いっけど。

子供達は残った餃子の皮にピザソースととろけるチーズを入れて焼いて食べていました。
これがまた美味しいらしいですよ。
お試しアレ(^v^)

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村




テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

息子の宝物
080427_2008~0001

息子の宝物その1

30大スーパー戦隊超全集  愛蔵版 3000円

ゴレンジャーから始まって・・・ゲキレンジャーまで載ってます。
本屋に1冊しかありませんでしたが、あまりに息子が欲しがるので1か月悩み・・売れ残っていたので買いました(笑)

大事に見つめていました。目をきらきらさせて。
でも、最初に必死に読んでいたのは・・・旦那でしたとさ。

ゴレンジャー世代ですからっ・・あ、年齢がバレる・・(爆)

この戦隊モノっていうのが曲者ですね。
毎年毎年キャラクターを変えて出してきます。

息子も例にもれず大好きな時期がありました。
大体幼稚園から1年生くらいまで。
洋服もキャラクターがプリントされているものを欲しがったり・・・おもちゃも毎年毎年似たようなものを欲しがったり・・・キャー
服は普通の服より高めだし、おもちゃも結構なお値段です。
うちは旦那も好きなので、一緒に楽しんでいましたけどね。

最近は商業主義満載なので辟易しています。
アイドルのお兄さんお姉さんも入れ替わり立ち替わり。
1年たったらまた新しい人になります。
仮面ライダーの水島ヒロクンはすごく出世しはりましたね。
こうやって成功するのは本当に一握りです。

サザエさんやちびまるこちゃんのように、長く子供に愛される戦隊モノがあってもいいと思うんだけどな。






そんな息子ですが2年生になりしばらくするとパタリと服を着なくなり、おもちゃで遊ばなくなりました。
なんで?と聞いたところ

「恥ずかしいやん!」

へーーーーえ!恥ずかしいと!(笑)

ちゃんと成長してるんだね☆


それでもこの本は今も大事らしく、ちょこちょこ広げて読んでいます。
そろそろあのおもちゃ達は片付けどきかしら。


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:キャラクター物 - ジャンル:趣味・実用

昇段
souma.jpg


4月に受けた昇段試験☆

昨日やっと結果が出ました~(^.^)

無事昇段したようですワァ──ヽ(〃v〃)ノ──イ!!

本人は飛び級するかもぉ・・・って期待していたようですが(笑)

それでも1段上がれたのだから、おめでとうなのです♪

白と違って色がつくと、なんかカッコいいね?(親ばか)

息子をさっそく写メする私☆
すっかりネタ扱いです(笑)

お祝いにカバンも買いました。

kabann.jpg

いろんな色があったのですが、息子は迷わずコレに。
ちゃんと自分を持つようになってきました。

ヘッドガードも届き、嬉しそうにかぶってました。


思えば長い1年でした。やり始めてすぐに昇段試験があり、まだ無理だろうと受けず、その年の試験は見てるだけだったんですね。

でも、今年は頑張って試験を受けて・・・
自分で頑張って結果を出せたのは、とても得たものが大きいようです。

青帯もそうだけど、達成感というもの。
誰かに強制されたわけでなく、自分で望んだものを手に入れたという経験は大切ですね。

スイミングはお姉ちゃんのおまけのようにくっついて、なんとなく・・・という感じでしたし。

良かったなぁと思いました。

息子はお姉ちゃんに比べて、褒められるより怒られることが多い☆
なるべく褒めるようにしているのですが、いらんことすることが多くて(苦笑)

仕事から帰宅した旦那も、ここぞとばかり褒めまくってましたよ。

褒めて褒めてみんなで喜んで。

すると、息子が言われなくても食器を運んだり片付けたりしてくれたのです。
ちょっとびっくり。

褒めてもらえて嬉しくて自然とそういう行動に移せたんでしょう。

もっと褒めてあげなくちゃ☆と思いました。




来年目指して、今日からまた頑張るそうです(^v^)


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:習い事 - ジャンル:育児

失敗は成功の元☆
夏休みが始まったよーん☆

昨日はあゆみを見て苦笑

見事な成績だったよ…息子よ!

娘はまぁ心配ありませんでした。

小学生のうちから成績でガミガミ言うのはなんだかな、と思うので。
怒りません。

でも、どう思う?と聞いたところ。

半べそで

「あかんと思う」

と涙ぐむ。

お姉ちゃんに散々バカにされたらしい。
それは仕方ないよね、事実なんだもの。
成績悪ければ人から馬鹿にされるし、そういう目で見られるんだよ。
それが世の中ってやつなのよ。

なんであかんかったんやろなぁ?と聞くと。

息子なりにちゃんとダメな理由を見つけたようです。

じゃぁどうしよう?
と聞くと。

2学期は真面目にやる、と神妙なお顔。

お母さんはどうして怒らないの?と聞くので。
あんたがちゃんと分かってるからやよ、と言っておきました。
でも、最後に

おんなじこと繰り返していたら、怒るよ?ってかしばくよ?( ̄ー ̄)

と言っておきましたとさ☆

人間ってさ、学ぶ生き物だと思う。

失敗したらなぜ失敗したかを考え、次に生かす。
これ、大事だと思うのね。
最初からうまく行く事の方が少ないのね。
だから最初の失敗や挫折はあって当然。

次にどう生かすか、だと思う。

だから私は同じことを繰り返すことは大嫌いです。
進歩がない、反省がないってことだから。

息子よ。

2学期が1学期より悪かったら・・・・・フフフ・・

覚悟しとけよ?(笑)


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村



テーマ:育児・子育て - ジャンル:日記

変わろうとしてます
ここ2,3日娘のことでわらわらしていましたが、実は息子のことで壁に当たっています。

ブログにも書いていますが、息子はやんちゃです。
でも家ではすごく甘えん坊。

それでいて、大人側の言い方にすると

余計な事ばかりをする、いわゆるやってはいけないこと、危ないことをしちゃうんですね。
本人に悪気があるわけではないのは十分分かっています。
好奇心が勝ってしまい、後先考えずに行動をするのです。

ですから怪我も多いし、トラブルも多い・・・・・んですね。

家でも娘より息子を怒ることが圧倒的に多い。

娘も我がままなところがありますが、基本優等生タイプ。
親の気分を敏感に感じ取り、要領良く立ち回ります。
旦那の癖のある性格も理解しており、陰ではお父さん腹立つ!とか私に愚痴りながら生活しています。

反面息子は空気を読まない・・・いえ、読めないんですね。
ちょっと考えれば分かることが、できない。想像することができない。

結果、親の怒りを買う・・・・

最近そういう出来事が重なっていました。

私も頭では分かっていても、イライラしたり自分のしたいことに没頭してしまい放任してきたことを否定できません。

娘と息子を比べないようにはしていますが、やはり勉強も娘の方が上、なんですね。
口に出さなくても、息子のことですからコンプレックスになっているのでしょう。

年齢の割には幼く、体も小さめ。
娘とケンカしても口でも体力でも負けてしまう。

泣いて私に言いつけに来るのですが、その行動も娘に言わせれば卑怯!となるわけです。

そのため夏休みの終わりころから、気になる口癖が復活してしまいました。

「どうせ俺なんか・・・・」
と言う自己否定の言葉と、嘘をつくようになってしまったのです。

宿題した?と聞けば
「うん、やったよ」
と答えは返ってきますが、実は半分しかできていなかったり。


以前幼稚園のころにも ”俺なんか” の口癖がでてしまい、危険信号だと感じた私は息子を褒めたり甘えさせたりして少しずつ自己否定の言葉も少なくなっていました。


それで安心してしまっていたんですね。
反省しています。

とうとう、今日担任の先生から電話があり息子の態度が非常に良くないと。
授業が集中できない、やる気が見られない。宿題も忘れてきています。
疲れているからしたくない、そんな風になっています。
ご両親のお仕事が忙しいのですか?お話できていらっしゃいますか?
と言われてしまいました。

(もっとニュアンスは優しいですよ)

それを聞いて、あぁやっぱり・・・・と。反省しまくり。

嘘がばれた時も旦那と一緒に叱ってしまいましたが、反省してわかったことは息子が嘘をついたのではなく、親が嘘をつかせていたんだということ。

何かすれば親に怒られ叱られ・・・・・

とうとうイエローカードがでてしました。

元々気になっていたことがありました。
それは旦那が息子には厳しいということ。

泣けば男のくせに。
俺がお前の年の頃は泣かなかった!
そういう風に泣く奴がいたけど、俺はそういう奴はいじめてた・・ということを口に出していたんです。

その言い方はどうよ、と思っていましたが泣いてばかりの息子に疲れていた私は黙認していました。

このことも後悔しています。

旦那の子供のころの性格は旦那であって、息子ではないのです。
息子の人格は別の所にあるのです。
それをちゃんと認めないとダメなのです。

とにかく今までの息子に対する姿勢が非常に不味かったと反省しきり。

息子を変えたければ親が変わらなければ・・・・そう思います。

旦那には私の考えを全て話しました。
分かってくれたと思います。
ですから、悪いこと危ないことした時は叱るのは当然だが、息子を否定することだけは絶対やめようと。
息子の性格を受け入れて甘えさせようと・・・
息子の ”俺なんて" という自己否定は非常に良くない状態だということを説明しました。

そして娘にも息子の状態を話し、もう少し優しくしてやってほしいと頼みました。

姉弟の正しい形というものは分かりませんが、はたから見てても娘の息子に対する態度はちょっときついなぁと感じることがあったので。
娘も息子の変化を感じていたらしく、実際扱いにくくなったと思っていたようです。
ですからちょっと頑張ってみる、とは言ってくれました。


こうやって書くと、ほんとダメダメな親ですよね。

頭で分かっていても日々の生活に流されていい加減なことをしていたんだと反省しています。

宿題やらなくちゃだめ
授業を聞かなくちゃダメ
危ないことしちゃダメ

そんなことは言われなくても分かりきっているんですよね。

なのに息子はそれができない。

行動を変えてほしいです。
とくとく言い聞かせた方が楽です。

でも、それは間違っていると分かってます。
皆さんのブログを読んでいますから。

だから、母親である私が変わろうと思います。
がんばってみます。

夕方先生からの電話で反省しまくった私は、公文から帰宅した子供たちに心を入れ替えて接していました。

すると

娘も息子も

「お母さん、なんか優しい・・・」

と言われてしまいました・・・・(汗)

優しくしたつもりはなく、きちんと向き合ってみただけなんですけどそんなに違うのね。

自己嫌悪・・・・・・

旦那とケンカしてでも、息子のプライドを守っていこうと思っています。

泣き虫でもいいよね
出来ないことがあってもいいよね。

だって息子はとても優しいんです。

担任の先生もそれはいつも褒めてくださること。

ありがとう
嬉しい
がんばったね

そんな言葉をたくさんかけていこうと思っています。
にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:育児・子育て - ジャンル:日記


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


345ママの愉快な毎日

♪ ふくふく ♪

男の子って、かわいい

母は強し!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

好きな本

フリーエリア

フリーエリア

blogram投票ボタン

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。