プロフィール

蒼

Author:蒼
16歳の娘と14歳の息子の子育てをしながらフルタイムで働いています。

やすらぎの癒し系名言


presented by 地球の名言

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いらっしゃいませ☆

ごゆっくり♪

現在の閲覧者数:

ワーキングママの徒然☆
働きながら子育てして思ったこと、感じたこと、日常を徒然に・・♪*月別アーカイブでは古い順で記事が読めるようになっています。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめられたこと
私は中学生のころいじめに合いました。
今のようにクラス単位でされるというのではなく、あるグループの的にされたのです。
そのグループは常に誰かをターゲットにしている人たちでした。
大体学期ごとに的を変えて、無視する、物を隠す、バイ菌扱いをする・・そんないやがらせを繰り返していました。
でも、その程度なら我慢できたのですがどうしても辛かったのが、的にした子と仲良くしている子たちを自分のグループに無理やり誘い込み、一人ぼっちにさせられることでした。

中学生って一番きつい世代だと思います。
自殺でこの世を去ってしまう子も中学生が多いですよね。
いわゆる思春期と言われる世代。
仕方ないよね、ですましたくありません。


当時、私を含め4人仲良くしていました。
でも、そのグループの子たちが私を的に選んだ時。
楽しいはずの中学生活はあっというまに灰色に染まりました。
仲の良かった3人はあっさりと離れました。
断ったら自分が的にされることを知っていたからです。

一人で過ごす休み時間、体育、美術などの授業。お弁当も一人。
近づいただけで汚いと言われる日々。
見ないふりするクラスメート。
それでも私は学校を休みませんでした。
休んだら負けると思ったし、一度休んだらもう二度と行けなくなるようで怖かったのです。
そしてなにより、親に知られたくなかった。
家庭環境はすごくよく、仲の良い両親、喧嘩するけど妹と年の離れた弟がいて、近所には祖父母もいて従兄弟もいました。
自分の居場所が知られてしまうことで、変わるのが嫌だったのです。

そして大好きなバレーボールを休みたくなかった。
つらいのは学校の間だけ。放課後になれば大好きなクラブ活動がある。
クラブの仲間はみな優しくて仲が良く、自分の居場所がちゃんとあったのです。
だから耐えられたんですね。

しばらくすると、クラスの中でも大人しいグループの子たちが話しかけてくれるようになりました。
その子たちは私より前に的にされたことのある子たちでした。
元々私も無視しなよ、って言われても大人しくいいなりになっていませんでした。
無視するのが嫌で、普通に的にされた子とも接していました。
多分、この辺が気に食わなかったんでしょうね。
そして私が的になって一人になったことに気付いた彼女達は、私たちと一緒にいようねと言ってくれたのです。
その優しさが私には涙が出るほど嬉しかった。
でも、私の巻き添えにしたくなくて「そんなことしたらまた的にされるよ」って言いました。
彼女達は言いました。
「私たちが的にされていた時、普通に喋ってくれたでしょ。あれ、すごくうれしかったんだよ」と。
私はびっくりしました。
自分が無視するのが嫌で普通に接していただけです。むしろそれ以上関わりたくなくて、彼女たちをかばうこともしなかったし、イジメグループに注意をすることもしてなかったんです。
卑怯だったんです。
なのに彼女達は嬉しかったと言ってくれた。そして今自分に救いの手を差し伸べようとしてくれているのです。
申し訳なさと嬉しさでワンワン泣きました。
それからずっと彼女達と行動するようになりました。


そうして耐えるうち、相手は飽きてきたのでしょう。まるで今まで何もなかったかのように馴れ馴れしくしてくるようになりました。
そして私から離れた別の子がターゲットになっていました。
しかも、私を自分のグループに引き入れようとしてきました。
でも私はそれだけは嫌でした。
一番つらい時に手を差し伸べてくれた彼女達を裏切ることだけはしたくなかった。
だから抵抗しました。
「咲ちゃん、うちらと行こう!」と腕を引っ張られても。
「ごめんね、彼女達との約束が先だったから」と断りました。
「うちらとおるの嫌なん?」とも聞かれました。
本音は「うん、嫌!」と言えたらいいのですが、そんなこと言えばまた的にされます。
だから
「嫌じゃないけど、今まで一緒にいてくれた子たちと居たいねん」と勇気を出して言いました。
「あっそ!じゃ、いいわ!バイバイ!」
そう言って、あっさりと離れて行きました。

自分をいじめた人たちの名前は今もフルネームで覚えています。
恨んでいない、憎んでいないと言ったらウソになります。
あの頃の胸の痛み、孤独感は今も時折心をえぐります。

それでもずっと恨み続けるのはしんどいです。
この痛みを忘れることはできないけど。
もし、もし、子供たちがいじめにあったら・・・少しでも理解してやれるんじゃないかと思っています。

私がいじめられても強く負けずにいられたのは、親に愛されてお前が一番可愛い、大事だよと育ててもらったからだと思います。
死にたいと思ったけど、死んだらお母さんが悲しむ・・それだけはしたくないと思ったから死ねませんでした。
実は屋上までフラフラとあがったこともあるのです。カギがかかってましたけど。
カッターナイフを手首に当てたこともあります。チクリと痛みを感じて慌ててやめたけど。

この経験から、辛いことがあってもどうか乗り越えてほしいと思い、娘と息子には日々大好きだよ、可愛いよ、お母さんの宝物だよって伝えて、抱きしめます。
もちろん、叱ることも怒ることも山ほどありますよ。ビンタしたこともありますよ。
でも、ちょっとした時に伝えて抱きしめます。
お風呂に入っている時、習い事の送り迎えの時。

それが当たり前だからハグしても嫌がりません(今のところ)
最近は子供の方から、「私・僕のこと好き?」って聞いてきます。
そのたびに、当たり前でしょって言います。
すると「ちゃんと好きって言って」と言います。
学校で疲れたり、傷ついた時に聞いてくるのかなと最近思うようになりました。
だから面倒くさがらないで、大好きだよ、大切だよって言うようにしています。

照れくさがらないで子供に大好きって伝えることはとても大事なんじゃないかと思います。


娘はあと2年で中学生になります。
不安です。心配です。
自分が通ってきた道だから嫌と言うほど分かるから。

でも先のことを心配しても仕方ない。
だから今できることをしていきたいです。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村


サリーちゃんへ
拍手コメントありがとうございました。
嬉しいです。
とても励みになりました。
また遊びに来て下さいね。
スポンサーサイト

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

ハンデで得たもの①
実は、私は難聴です。

難聴と言っても障害者手帳を頂くほどではなく、ギリギリのレベルにいます。

おそらく子供のころから悪かったのだと思うのですが、周りに気付かれることなく育ちました。
私も自分の知っている”音”の世界が”当たり前”だったため、自分が他人より聞こえてないことに気づいていませんでした。

しかし、成長とともに他者とのコミュニケーションが複雑化するにつれ、自分が周りより聞こえてないことに気付き始めました。

ちょうど高学年の頃です。

でも、思春期一歩手前のこの時期は、"周りとちがうこと” にとても臆病です。
グループに所属し、仲良しの子たちと同じものを好きになって身につける時期です。

だから誰にも言えなかったのです。親にも。

前にも書きましたが私は親が大好きでしたから、親が悲しむことは言えませんでした。

学校の検査でも、本当は聞こえていないのに聞こえるふりをして周りのこと同じタイミングでボタンを押したりしてごまかし続けました。

私の世代は団塊ジュニアと言われる世代なのでとにかく子供の数が多かった(笑)
学級も50人近くいましたし、先生は一人だしそりゃもう押し合いへしあいして育ったのです。

そうしているうちに私は他人の言葉を聞き取れないがために、天然ボケだね、とか。
不思議ちゃんだね、とか。
変わっているね、と言われることが多くなりました。
中には無視した、と言われて(聞こえてないわけですから)いじめられたり、無視されたりもしました。

ここで誤解のないよう説明をします。
私は聞こえていないというというより、聞きとれていないという方が近いです。
音にはヘルツといって音域があります。
低い音から高い音まで。
一般の人の音域が1から10だったとすると、私の場合は3~7くらいまでしか聞こえないのです。
つまり聞こえていても、聞こえない音域の音で話されると、聞き取れないということが起きるのです。

聞き取れないということは、理解しにくいということですから・・・
聞き返したりすることも増えます。
何度も聞き返すと相手はイライラしますから、自然と自分が我慢してそれ以上聞かないので相手が望む反応を返せません。

そういったことを繰り返していくうち、大体の人は離れて行きました。

それでも、

それが咲ちゃんだよね、と言って私自身を受け入れてくれた友人もいました。

だから実家のある街には、友達があまりいません。
こう書くと、寂しい子供時代を送ったなぁと思いますね(苦笑)
人と深く付き合うことができなかったわけですから。

でもね、その時得た友人はかけがえのない親友です。




高校生になってさすがにごまかしがきかなくなり、とうとう学校の検査で再検査になりました。
母親もびっくりして、慌てて耳鼻科に行くとあまりいいお話ではありませんでした。

簡単に言うと治す方法がない、と言われました。
神経的なものなので、手術をしても期待できないし、薬もない。
このまま様子を見て行きましょうと言われただけでした。

でも、私はやっぱり耳が悪いんだなと冷静に受け入れたことでその後出会う人には
「実は私難聴気味なので、聞き取れなくて聞き返したり、話しかけられても無視してしまうときがあるけど、ごめんね」
と言うようにして、理解を得て行きました。

京都に出て、自立し出してそれなりに要領を得て生活していました。
そして旦那と出会い、結婚。
娘を授かりました。

娘を産んだ頃旦那に言われました。

「少し、聞こえが悪くなってないか?」と。

旦那には難聴気味なことを言っていたので、理解してもらって結婚しました。
その旦那がおかしいと気付き、子供を預けて耳鼻科に10年ぶりに行きました。

すると結果は悪化していたのです。

「妊娠出産で悪化することもあるんですよ、ご存じではなかったんですね」

ちょっとショックでしたが、あまりめげませんでした。
何故かは自分でも分かりません。
心のどこかで分かっていたのかな。

そして二人目を妊娠。
耳よりも子供を授かったことの方が嬉しくて気になりませんでした。

多少は悪くなるだろうと覚悟もしましたし。

育児に追われて深く考えなかったのかもしれません。

その後仕事も復帰してあわただしく生活をしていました。

けれどとうとう限界が来てしまいました。

会議で議事録がとれなくなってしまったのです。
聞こえるけど聞き取れない。

事務長や院長が何を言っているのか分からない。

さすがにどうしよう、と思いました。
仕事はやめる訳に行かなかったのですから。

耳鼻科に行って相談をすると
「良くここまで頑張られましたね。かなり不便だったと思いますよ。どうですか?補聴器を使ってみませんか?今はだいぶ進化して使いやすいですよ。ただ・・・咲さんは障害者のレベルではないので補助金がでません。自腹になってしまい、費用が・・・」

そう言われました。

考えてみますと言って、旦那に相談をしました。

旦那は
「必要なものやろ、買ったらええ。メガネやコンタクトみたいなもんや」
「でもな、片耳だけで13万やって。私は若いから両耳じゃないとダメなんだって。だから26万もかかるんよ・・・」
私は無理だと思いました。
大きな金額ですよね。

でも
「アホ言うな!お前働いてるんやろ!聞こえへんかったら辛いやろ。お金はまた働いて貯めたらええ。補聴器買え!」
と旦那は怒ったように言って、私がなんと言っても考えを変えませんでした。

耳鼻科の先生からも耳の神経は使わないとどんどん聞こえなくなります。補聴器でサポートすればこれ以上の悪化を防ぐこともできると説明されました。

旦那の勧めもあり、これ以上の悪化を防ぐために私が折れました。

そうして補聴器をつけることになったのです。




続きます☆


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

ハンデで得たもの②
色々検査をして、初めて補聴器をつけた日のことを私は一生忘れないでしょう。

初めて体験する音の世界はとても刺激的でした。

まず真っ先に耳に入ってきたのは、風の流れる音・・・でした。
天井からエアコンの通気口があり、そこから風が送られますね、その音です。
さーーーーっていう音。
次に蛇口をひねる音、水が流れる音でした。
看護師さんが手洗いをされた時の音。

そして靴が床と合わさってキュッキュッキュって歩く音。

でも、その音が何の音が分からないので耳鼻科の先生に

「え?え?これっ、何の音ですか?どこからしてるんですか?」

とちょっと興奮気味になってしまいました(笑)

尊敬している偉人の中にヘレンケラーがいらっしゃいます。
ヘレンが初めて水を手に触れて、サリバン先生がWATER!(水)と言って言葉を教えるシーン。
有名ですよね。
まさにその時、私の頭の中はヘレンのように感動していました。

ほとんどの人が”当たり前”に享受していることを、私は知らなかったのですから。
水が流れる音ってとても綺麗ですよね。
風が流れる音ってさわやかですね。

会話がスムーズにいくって、楽ですね。

その後先生との会話も楽になり、たくさんのことを質問しました。

補聴器は耳の中に埋め込むタイプにしました。
一番目立たないものを選びました。

人との会話、会議での議論が楽になったは大きな財産でした。

テレビの音もしっかり聞こえるので、音量を上げずに済むようになりました。

と言っても元々聞こえが悪かったため、テレビを見るのは好きではありませんでした。
音量を上げるのは周りに迷惑だし、聞きとるのに神経を使うため昔から見る癖がついていません。
だから好きな番組はニュースとドキュメンタリーです(笑)
ラジオも聞くことはほとんどありません。

でも今はデジタル放送なので、字幕オンにすれば楽なのでありがたいです。
最近のお気に入りはケンミンショーです☆

私にとって補聴器は手放せないものの一つになりました。

けれど補聴器をつけるようになって改めて世の中は音があふれかえっていることに驚きました。
慣れるまで大分神経が疲れましたけど。
人間ってちゃんと自分に不要な音は遮断できるようになっているんですね。
たくましいかも。

お風呂からあがってからは補聴器をつけません。
するととても静寂なひとときになります。

静かですよ(笑)


私は難聴の為、しなくていい思いをしたかもしれません。
嫌なこともありました。

けれどその経験を含めて、今まで生きてきた "今” の私がいます。

大切な友人たちがいます。
理解してくれている旦那がいます。

補聴器をつけるようになり、どうしたの?と聞いてくれる人がいます。
私のことを理解しようとしてくれる人がいます。

気付かないふりをして、私に気を使ってくれる人もいます。

そう思える今の自分が嫌いじゃありません。

ハンデを負うことで(あまりハンデとは思ってませんけど)、 ”当たり前” のことを享受できるありがたさをかみしめることができました。

だから思うのです。

子供の成長が遅い、不登校になってしまった・・・
勉強が分からない・・・悩みが沢山ある・・・
辛いこと、遠回りの経験をした人の方が得るものが沢山あるのではないでしょうか。
そして周りの人に優しくできるのでは、と思います。


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

お手入れしてます☆



現在私は超ロングな長さの髪です☆

3ピー年生きてきて、最高記録に到達しました(笑)

元々癖っ毛のないストレートな髪質でしてね。
おでこの生え際のみ癖があるものだから前髪も作れない☆
仕方ないので前髪も一緒に伸ばしてます。

一歩間違えたら貞子だね(爆)

パーマもあてたりして楽しみたいのに、全然かからないんです。
量は多くて細いので、まとめにくいし髪のアレンジもしにくい。

成人式の時、美容師さんからきつめのパーマをかけさせてほしいと言われましたさ。
アップにしにくいそうです(泣)

日曜日、美容院に行ってお手入れしてきました。

身長のバランスを考えると今の長さが限界だそうで。
これ以上伸ばすと髪の毛が歩いている感じになりますよ~とのこと☆

これからは髪の水分に気をつけて、お手入れしてくださいね~

と言われて、現在写真の2本で毎朝せっせとお手入れ中。

髪の毛ってのは結構デリケートなものらしく。
水分が足りなくなると、切れ毛になったり、縮んでからまったりととても傷みやすくなるそうです。
コマーシャルでやってるトリートメント剤はシリコンなので、コーティングをすることにより、髪をサラサラにしているわけで。
髪の毛自体の補修力はないそうです。

左側のボトルは化粧水です。
1本2500円☆高い・・・・けれど
顔のお肌にも良いとのことなので、化粧水兼髪のお手入れならま、いいかなと思い、購入しました。


使い始めて3日目

お肌の調子良いですよ~
髪もまとまっていい感じ☆

容器もシンプルなのが気に入ってます。
その分中身にお金がかかってそうでしょ(笑)

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

トラウマ
えーと

私はバナナが大嫌いです。
食べられないどころか匂いもダメ。

パフェを頼む時もバナナ抜きと指定します。

そんな母を持ったのに、うちの息子はバナナが好き。
ついでに旦那も。



今日は社会見学です。
昨日お弁当の買い出しに向かったスーパーで、
「果物なにがいい?」
と聞いたら迷わず
「バナナ」
と言ってしっかりとバナナを握りしめておりました。

私の眉間にシワが寄ったのは言うまでもなく(笑)

今朝、嬉しそうにお弁当とバナナを持って学校へ向かいました。

台所のカウンターにあるバナナ。
熟して匂いが発生する前に、頼むから食べてほしいと願っています。


なぜ嫌いかって?

それはね

小学校の給食に出たバナナがことごとく、黒い部分があるバナナばかり当たったからなのです。
今はどうしても食べられないものは強制されませんが、昔私が子供のころは絶対食べろ!的な風潮でしてね。
泣きながら口に押し込んだトラウマです。
他にも泣きながら牛乳を飲む子とか居たなぁ。
絶対あの子も今は牛乳を飲めないに違いない。

わがままを受け入れるばかりも教育上×だと分かりますが。
強制することで、心に傷になることが当時の教師には分からなかったのでしょうかね。

何が何でも食べろ!的なあの雰囲気は、今思い出してもゾッとします。
だから私は子供たちには嫌いなものは半分だけとか、一口だけね、というようにしています。

栄養士になった今、私が立てる献立にバナナという文字はないのです。

え?公私混同?

いいじゃない・・・それくらいの我儘言ったって☆

どうしても食べたい人は家で食べてね♪


にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

テーマ:独り言 - ジャンル:ブログ

更新はがき


誕生日が1月20日だと、この忙しい時期に免許更新のお知らせが届きます(笑)
一か月前から一ヶ月後までだからね。

で、私は5年間無事故無違反だったので



次も5年なんだよ―(エッヘン)

年内に申請しようか迷いましたが、来年にすることにしました。
来年1月4日以降だとIC運転免許証になるそうです。

IC運転免許証だと、写真が不要になるんですよっ
証明写真を撮ると700円くらいかかるじゃないですか。
ICだと450円加算されるそうなので、300円くらいお得じゃないかと思いまして。

なにより、写真のついた免許証って人前に出すの抵抗あったもんな~

そんなわけで年明けに申請してきまっす☆



今朝、娘が

「今な~授業で学校の七不思議を調べる授業してんねんで~」
「へぇ?授業でそんなんするんや~おもろいね」

「お母さんは小学校の七不思議って知ってた?」
「うん、色々知ってたで。夜中にピアノをひくベートーベンとか、トイレの花子さんとか」
「お父さんは?」

「俺はそういうの怖くて嫌いやったから、聞かんかった」

「「だろうね」」

そんな会話をしておりました。
運動場で遊ぶ昔の子供とか、ホルマリン漬けとか標本が廊下を走るとか。
あれこれ言って、盛り上がっておりました。

娘も、天井に足跡がついてるのと言い、お父さんがそんなのは工事の人の足跡だ、と反論したり(旦那は超現実主義者または小心者(笑))

その会話を聞いていた息子が

「俺も七不思議知ってる!」「へぇ?どんなん!」

「それはな、給食がまずいこと!」

俺は知ってるんじゃーと言わんばかりの息子でしたが。

「アホ!それは七不思議て言わん!本当の事じゃ!ばーか!ばーか!」
と娘に反論されていました(爆笑)


「給食不味いんかい・・・」

「おもろいやんけ~」

と旦那と爆笑しました。

私の出身地は昔軍港があったので、かなり空襲が激しかったらしく七不思議は多かったですね。
その時点で  不思議ではないというツッコミはしないように(笑) 






現在娘とトモダチコレクションにハマってます。
面白い~
自分のが欲しくなってます。
でもその前にDSがほしい・・・・( ・∀・)アヒャ


にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

三十路後半(笑)
おはようございますv

毎日寒いですねっ

今日は大寒ですよ~
1年で一番寒いとか言われているんですよね。違ったかな?
そんな日に生まれた私は冬が嫌いですけどね(笑)

天気予報では大寒の割には暖かくなると言ってましたけど。
最近は暦もあてにならなくなってきているなぁと思います。
昔の人は上手に決めはったのにね、温暖化のせいで☆


今月は医療監視があるのでなんとなく落ち着きません。
はよ終わってほしいです。


kuromamecha2.jpg

日曜日実家に帰省して母にもらった黒豆茶。
最初はクセがあって「なんじゃこら」ってなもんでしたが。

飲みだすと美味しいというか癖になるというか。
体にも良いそうなので、毎日沸かして飲んでいます。

人の体には1日に1300から1500の水分が必要なこと、知ってますか?
忙しく働いていたりすると、意外と水分を摂らないこと多いと思います。
実は私もあまり水分を摂るほうではなくて、ちょっと喉が乾いたら飲むって感じでした。

これではいかんなぁと思い、黒豆茶を飲むようになってから職場にも持参して飲んでいます。
飲んだ割にはおトイレの回数が増えるわけでなく。
あぁ、体が必要としていたんだなぁと反省したりしてます。


さて、お誕生日なのに週のど真ん中☆

お仕事行ってきまっさー(^-^)v

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:徒然なるままに… - ジャンル:ブログ

流血
本日キャベツの千切りをするため、スライサーでザックザックスライスしていたら。

自分の手もスライスしちゃいました。

指じゃなくて、小指下、手のひらあたり。

自分の心臓の動きに合わせて血がどっくどっく出ていくのを見てました☆

血が止まるかなーなんて楽観的にしてたんですけど。

15分たっても血が止まらないので、近所の友人に頼んで病院へ。

タオルが血だらけになりましたとさ。

「縫いたいけど、さっくりいっちゃってるから、縫えないねー」
と言われて。

2日ほど血が止まりにくいけど、血がにじんだら包帯代えてね。
しばらく通ってね。

完治するのに時間かかるかもね

と言われて帰ってきました。

痛いけど、やっちまったな、って感じだけど。

旦那も子供達も優しいし。

治るまで大人しくしてます☆

そんなわけでしばらく皆さんのブログはロム専になりまする。
このブログも左手と右手人差指で打ちました。

ではしばしの別れです。

(o・´_`・o)ノシ

テーマ:つぶやき - ジャンル:ブログ

止まりました(^・^)
おかげさまで出血は止まりました(^・^)
でも、傷口は見事に穴があいてます(笑)
クレーターみたいな感じ?
お肉がないです。でも、骨までは逝ってないからね、大丈夫です。
肉がなかったせいで縫えなかったんだけど。

病院には1週間ほど通いました。
消毒して、ゼリーみたいなシートを傷口の上に貼られてガーゼ、透明のシートを貼られました。

その度に
「時間かかるしね、これ」
と言われ続けてます。

でもって本日

「自分で処置してもらっても良いよ。あとは自然治癒するのを待つしかないからね」
と言われたので、ダックスに行って薬剤師さん捕まえて説明して必要な物を買ってきました。

dakkusu.jpg

昔は乾燥させろーって言われませんでした?
昔は消毒ってめっちゃしみませんでした?

今はね―傷口って湿潤させておいた方が良いんですって。
そう言えば病院で処置してもらうのも、傷口が湿潤した状態でOKOKでした。
消毒も全然しみなかったし。
最初に流水で血を流した時がめっちゃ痛かったぐらいです。

ダックスの薬剤師さんも同じ説明してくれはりまして。
写真のバンドエイドはそういった傷にとてもよく効きますよってことでした。
でも、たっかい!
10個入ってひと箱800円くらいしてます。
でも、膿んだら嫌だし早く治したいのですぱっと迷わず買いました(笑)

消毒液もしみないそうですし。
プロテクターフィルムはお風呂に入る時用です。
炊事はゴム手袋でなんとかこなせてます。

包帯はしなくて良いそうですが、傷が傷なので当たるととても痛いので傷口を守るために巻いてます。

あとは痛みさえなんとか収まって欲しいです。
耐えられないほどじゃないのですが、ずーっとズクズク痛いんですよね。
寝ているときだけ痛みから解放されます。
睡眠欲の方が痛みより上みたい(笑)
その辺、私は鈍感で良かったなぁと思ったり。

ママさんバレーもしたいけど、今週だけ我慢します(今週だけかい)
早く皮膚ちゃんが再生してくれますよーに☆

そんな感じでボチボチ元気に生きてます(^^)/

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:日記 - ジャンル:ブログ

ザクットネ
うーん、最近ツイテないです。

右手の怪我は、優秀なバンドエイドのおかげか、体の細胞のおかげか、ちゃくちゃくと治っております。
痛みもなくなり、かゆみがでてきたので、完治するのもあともう少しかな―と喜んでいました。

肉がないものだから、ひきつった感じになっててまだ不自由ですが水仕事は手袋なしで出来る様になっていたんですーーーー!






本日お皿を洗っていると

バキッ
という音と共に皿が割れました。
割れるとは思っていなかったので、そのまま右手親指甲にざっくり!刺さりました・・・


イッテーーーー!Σ(゚д゚;)
見事縦一筋切れました。


あああ・・・
また怪我☆

右手、バンドエイドだらけです、乙女の手じゃない(誰が乙女だ)←一人ツッコミ

洗いものは娘がやってくれました。ふぅ・・・


今もまだじわじわ出血してるんですよね。
傷口を見ると斜めに切ったようです。

今晩様子見て、出血が止まらなかったら診てもらいまーす☆

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

テーマ:今日のブログ - ジャンル:ブログ


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも一覧


345ママの愉快な毎日

♪ ふくふく ♪

男の子って、かわいい

母は強し!!

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

好きな本

フリーエリア

フリーエリア

blogram投票ボタン

検索フォーム

月別アーカイブ

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。